コラム

光触媒の施工とスプレーを比較!それぞれの特徴・メリット・デメリットをまとめました

光触媒のスプレー商品がどんどんと発売されて、気になっている方もいるのではないでしょうか?

光触媒コーティングの施工とスプレー商品ってどう違うのか、施工もしていて、スプレー商品の販売もしている会社として、それぞれの特徴・メリット・デメリットについてお伝えします。

この記事を読むことで、

  • 光触媒について
  • 光触媒コーティングの施工とスプレー商品の特徴、メリット、デメリット
  • 光触媒コーティングの施工とスプレー商品の違い
  • 光触媒スプレーのおすすめの使い方

について知ることができます。

光触媒について

光触媒についてご存知の方は本章は飛ばして次からお読みください。

光触媒は、光を照射することによって植物の光合成のように酸素を生み出す触媒作用をもった性質のことを言います。光触媒コーティングで、空気中のアレルギー物質やウィルスなどの有害物質を除去することができます。

光触媒は「光」が当たるたびに効果を発揮します。

太陽や蛍光灯から出る光を受けると、表面に活性酸素を発生させ、ニオイ、菌・ウイルスを分解します。太陽光や蛍光灯だけでなく、LED照明でも高い効果を発揮します。

光触媒コーティングでは、種類に関係なく様々な菌やウイルスを酸化分解で不活化させます。衣類や室内空間を清潔に保ちます。

また消臭効果もあり、悪臭のもとになる成分を分解・除去します。しかもニオイを選びません。ホルムアルデヒドなど、シックハウス症候群の原因と言われている有害な化学物質(VOC)を分解・除去します。

光触媒コーティング施工の特徴・メリット・デメリット

光触媒コーティングの施工は専門の会社・スタッフが行います。
そのため、施工に使用するコーティング材、機材、技術が良いためコーティングが剥がれにくく、スプレーと比べると長持ちします。

1回の光触媒コーティング施工で効果が長時間持続し、光が当たるだけで効果が長時間持続し、電気代等の維持費が掛からないのでランニングコスト不要でとても経済的です。

【光媒体コーティングのメリット・デメリット】
特徴 専門のスタッフが行う
メリット コーティング材、機材、技術が良いので長持ちする
デメリット スプレー商品と比べて高価

光触媒のスプレー商品の特徴・メリット・デメリット

光触媒のスプレー商品は自分でスプレーすることができます。
福岡消毒.comが販売している光触媒スプレーだと2,000円台で購入できる(21年6月現在)ので手軽に試すことができます。

【光媒体のスプレーのメリット・デメリット】
特徴 自分でスプレーできる
メリット 手軽に買えて光触媒を試すことができる
デメリット コーティング材、機材、技術が施工より劣るため長持ちしにくい

光触媒スプレーのおすすめの使い方

光触媒スプレーはご家庭や職場での使用が特におすすめです。

ご家庭では洗濯しづらい布製品のクッションやソファー、カーテンにも効果的です。
他には人工観葉植物・造花、壁紙、ドアノブ、マット、ペット周り、衣類など幅広くお使いいただけます。

職場では、一見きれいに見えても実は菌やウイルスでいっぱい。
毎回の消毒作業は一苦労ですが、光触媒スプレーだと帰り際にスプレーしておくだけの簡単作業です。

まとめ

このように光触媒コーティングは施工工事とスプレー商品ではそれぞれメリット・デメリットがあります。

まずは手軽にお試しすることができるスプレー商品を検討するのもおすすめです。

福岡消毒.comでは「Super光ミスト」というスプレー商品を取り扱っています。

2本から送料無料なので、ぜひお試しください!

「Super光ミストページはこちらから」