コラム

光触媒コーティングは新型コロナウイルス対策なるのか?データと効果・メリット・安全性を掲載!

新型コロナウイルスは2020年11月現在、ワクチンがなく、感染リスクを減らす予防でしか対策ができない状況です。どんなに万全な対策をしていても、多くの人と接する機会の多い方なら、感染してしまうリスクがあります。

「光触媒コーティングが新型コロナウイルス対策に有効って聞いたんだけどホント?」という疑問をお持ちの方に大学などの研究グループの論文などを引用して、光触媒コーティングと新型コロナウイルスについて分かりやすくご説明いたします。

光触媒コーティングが新型コロナウイルスに効く?

2020年10月5日、東京工業大学・奈良県立医学大学・神奈川県立産業技術総合研究所の研究グループが世界で初めて可視光応答形光触媒による新型コロナウイルス不活化を確認したことを発表しました。

新型コロナウイルスがついた光触媒材料に光照射をすることで、ウイルス量が1時間で99.7%の減少、2時間で99.99%以上が減少しました。99.99%の減少は検出限界以下となるようです。

また暗いところでも4時間で検出限界以下に減少させることを明らかにしました。

(引用元:東京工業大学)

大学の研究により、光触媒によって新型コロナウイルスを不活化できることがわかりました。

光触媒・光触媒コーティングとは

光触媒は、光を受けることで付着したウイルスや菌などの有害物質のみを触媒として、無害な水や二酸化炭素に分解する性質を持っています。 床や壁を光触媒でコーティングすることにより、空気中のアレルギー物質やウィルスなどの有害物質を除去することができます。

太陽・蛍光灯・LED照明などの光を受けることで高い効果を発揮しますので、室内や車内でも光触媒コーティングは有効です。

光触媒コーティングの効果・メリット・安全性

光触媒コーティングでは、新型コロナウイルスだけでなく、様々な菌やウイルスを酸化分解で不活化させ、衣類や室内空間を清潔に保ちます。また消臭効果もあり、悪臭のもとになる成分を分解・除去します。しかもニオイを選びません。

光触媒コーティングの効果

光触媒コーティングの安全性

また光触媒コーティングの主材料(酸化チタン)は厚生労働省が安全性を認めている成分です。酸化チタンは非常に安定した化合物と言われており、口紅・ファンデーション・日焼け止めなど人体に直接触れる品にも使われています。

光触媒コーティングのさまざまなメリット

光触媒コーティングはコロナウイルス対策なるのか まとめ

大学の発表により光触媒は新型コロナウイルスを不活性化すると研究結果が出ています。コロナウイルスのみでなく、様々な菌やウイルスを不活性化させる研究結果も発表されています。

光触媒コーティングは厚生労働省が安全性を認めている成分である酸化チタンが主材料なので、安全性も高いと言えます。また1度施工をすると長時間の効果が期待でき、コーティング時の初期費用のみでランニング費用は不要です。

光触媒コーティングは学校施設、公共施設、オフィス、飲食店、ジムなどの多く人が集まる場所のみでなく、個人宅や車など様々な場所に施工されています。

光触媒コーティングの施工可能な場所

福岡・北九州でのコロナウイルス対策のための光触媒コーティングなら福岡消毒.comにお任せください! お気軽にお問い合わせください。