花粉アレルギー

光触媒コーティング コーティング面に光が当たるだけで「菌」「ウイルス」「有害物質」「臭いのもと」分解します 光触媒コーティング コーティング面に光が当たるだけで「菌」「ウイルス」「有害物質」「臭いのもと」分解します

アレルギーとは

私たちの体には、外から入ってきた異物を排除しようとする機能が備わっています。
この免疫が、食べ物や花粉など身の回りに通常は体に害のないものに過剰反応してしまうことがあります。これが「アレルギー」です。

解説

アレルギーとは、あるものに対して過敏に反応する状態で、免疫反応が関係するものを指す。
免疫とは、体を守るための防御システムで、もともと生き物が持っている自然免疫と、何らかの刺激を受けてあらたにできる獲得免疫とがある。
アレルギーについてよく分かっているのは、獲得免疫の中のIgE※1という抗体が関係する反応の事を指して、IgEは細菌やウイルスに対する抗体と違い、自然界のなんでもない物質(ダニや花粉、食物タンパク質)に対して出来てしまうので、それが体内に増えるとその物質(アレルゲン)に対し、敏感に反応してしまう。

アレルゲンとは

アレルギー反応を起こす原因となる物質のこと。アレルゲンになり得る物の多くはタンパク質で、 食物、ダニ、カビ、昆虫、ハチ毒、動物の皮屑、花粉、薬品、天然ゴムなど様々です。

抗原 代表疾患
ハウスダスト※2 アレルギー性鼻炎・結膜炎
気管支喘息・蕁麻疹
アトピー性皮膚炎 など
ダニの死骸・糞
花粉
  • 2 ハウスダストとは室内にたまるホコリ(室内塵)のことです。
    その中には土・砂、綿ぼこり、繊維くず、人の毛髪・フケ、食べかす、ペットの抜け毛、花粉、昆虫の死骸やフン、カビ、細菌、ダニの死骸やフン、タバコの煙や排気ガスなど様々な物質が含まれています。

アレルゲンの主な種類

花粉症のメカニズム

  1. ① 身体に異物が侵入
  2. ② その異物に対する抗体が作られる
  3. ③ 次に異物が侵入した際に前回作られた抗体が反応し異物を排除しようとする

解説

花粉症とは、鼻腔内に入ってきたスギ等の植物の花粉に対する免疫反応によって鼻水等の症状が引き起こされることをいい、季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれます。
メカニズムとしては、アレルゲンが鼻腔内の粘膜に付着すると、体内に抗体が作られマスト細胞という細胞に結合します。その後再びアレルゲンが侵入すると、マスト細胞からアレルギー誘発物質が放出されることにより鼻水等のアレルギー反応が引き起こされます。

花粉症のメカニズム

外よりも室内の花粉に注意

1日に2,000万個も家の中に持ち込まれる花粉。外を飛んでいるイメージが強い花粉ですが、アレルギー症状を引き起こしやすいのは、外の花粉よりも室内の花粉です。
理由は、花粉症の症状を引き起こすのは、花粉そのものではなく「花粉の中の芯」だから。
室内で花粉が壁にぶつかったり踏まれたりすることで花粉の芯が飛び散りやすく、花粉症の症状を引き起こしてしまいます。

花粉が破裂してタンパク質が飛び出る

花粉は鼻の粘膜に取り付くと、パカッと割れます。この中身が、花粉症を引き起こすのです。これが粘膜から体内に侵入すると、身体の免疫機能は、これを異物として認識。

意外にも掃除機を使ったお掃除はNG

掃除機を使ったお掃除はNG

花粉の大きさはおよそ30μm(マイクロメートル)と非常に小さな粒子です。掃除機で吸い込まれた花粉はフィルターを通り抜けて再び空気中に拡散されます。この時に多くの花粉は破裂して花粉症の症状を引き起こすアレルゲンのタンパク質が飛び出しています。アレルゲンがむき出しになった花粉を吸い込む事で症状の悪化につながるのです。